ARTS Official Web

鹿児島の枕崎を拠点に活動するスカバンドのオフィシャルWebサイト

V.A. / Back Beat Boppers

V.A. / Back Beat Boppers

九州発のSKA・ROCKSTEADY・REGGAE・DUBバンドを一堂に集めたコンピレーション・アルバム!!
全曲未発表新録曲!!
2014.7.23.全国発売!2,000円(税込)
品番BBB-2014

WEB通販も開始いたしました!!くわしくはこちら

V.A. / Back Beat Boppers

国内のスカバンドを紹介したサンプラーCDもついたディスクガイド本“SKA BOOK”も2月に発売され、また活況を取り戻しつつある国内外のスカ・レゲエシーンにおいて、九州各県で地道に活動してきているバンドを集めてコンピレーション・アルバムを作りたいと以前から構想していました。
1997年の初開催から現在まで続く、九州を代表する名物野外イベント“ジャマイカ村”参加バンドを中心に、九州のスカ・レゲエシーンの現在進行形の音楽を全国のジャマイカン・ミュージック・ファンに広くアピールすることが目的です。
スカ・レゲエとはいえ、さらにそのジャンルは細分化され、オーセンティックスカ、ネオスカ、スカパンク、ロックステディ、レゲエ、ダブなどあくまで広義でのジャマイカン・ミュージックに根差した音楽を“九州を拠点に活動するバンド限定”という枠内で紹介するコンピレーションCDです。
全17組参加バンド全曲、このCDのための新録音によるオリジナル楽曲(1曲のみカバー)。
九州のスカ・レゲエ系バンドを集めたコンピレーションとしてはこれが初めての作品になります。

ライナーノーツ

「V.A. / Back Beat Boppers」発売に寄せて。
ARTSを結成して早23年、ジャマイカ村をはじめとするいろんなイベントに出演してきて、九州を拠点に活動するたくさんのスカ・レゲエ系のバンドと共演するなかで、長年根強く活動する素晴らしいバンドの多いことにいつも驚いていました。スカ・レゲエなど裏打ち系のジャマイカン・ミュージックを演奏するものの仲間意識は全国的にみてもどのジャンルより強い気がします。裏打ち音楽繋がりでお互いイベントに呼んだり呼ばれたり。そんな九州発信のバンドを集めて一枚のアルバムを作れたらいいなと長年思っていました。そして今年(2014年)に入ってから、九州の知りうる限り全ての裏打ち系のバンドに声かけして、ほとんどのバンドに快諾してもらい、参加バンドそれぞれが未発表の楽曲をこのCDのためにレコーディングし、ここに完成したわけです。内容は言わずもがな「九州スカ&レゲエ博覧会」的な素晴らしいコンピレーション・アルバムが出来ました。CDが売れなくなっているこの時代に、ありがたいことに全国どこのショップでも購入または発注出来る流通にも乗せてもらえました。この場を借りてCD制作に多大なご尽力を頂いたIRIE LABEL/DUB creationのJOEさんに感謝します。WAVE ISLANDSがジャマイカで直々に録音してきたという故アルトン・エリス(ジャマイカ・ロックステディ界の巨匠)の紹介MCに始まりラストのTHE EXPLOSIONSまで全17組、オーセンティック・スカ、ロックステディ、ネオスカ、スウィング、ポップスカ、スカパンク、レゲエ、ダブと様々なスタイルのジャマイカン・ミュージックを奏でる九州発のバンドの銀盤での競演。音楽に説明は不要ですね。あとは聴いて感じてもらってドライブのBGMにするなりDJで思いっきりダンスするなり、好きに楽しんでください。でも当然ながらここで聴ける一曲一曲はそのバンドのレパートリーのほんの一部。このCDをきっかけにお気に入りのバンドのオリジナル・アルバムをチェックしたり、またライブにも足を運んでいただけると幸いです。最後に、本CDを購入していただいたみなさんの末永く楽しめる愛聴盤になることを願って。

Text by BON (ARTS / BON DX /SHELTER RECORDINGS)

全曲解説

01. WAVE ISLANDS / Let Me Love You
「オープニングを飾るのは宮崎のオーセンティック・スカ・バンド、ウェイヴ・アイランズ。リーダーVo鮫島が以前ジャマイカに行ったときにロックステディ界のレジェンド、故アルトン・エリスに直々に録音してもらったというアルトン本人の紹介MC(!)から始まる、素晴らしいロックステディ・チューン。」

02. RUDE VIBES / PIERROT
「鹿児島でもすでに10年以上の活動歴を誇るルードバイヴスによる2曲目は打って変わって、オルガンの裏打ちが印象的なネオスカ・インストナンバー。テナーサックスとフレンチホルンのソロバトルや突如ワルツ・アレンジになりスパニッシュ・ギターが入ったりと聴きどころも多く、変幻自在のアレンジが秀逸。」

03. The Rhinocerosmiles / Buona Sera
「熊本唯一のオーセンティック・スカ・バンド、ライノセラスマイルス。このVA収録曲中唯一のカバー曲で、50年以上昔の曲らしく、タンゴ調の出だしからスウィング・リズムへの流れが見事。いかにもオールドタイムな良き時代のパーティ感覚。彼らの持ち味が上手く表現されている。」

04. THE CONVICTIONS / Babylonian Politics
「福岡のスカパンクバンド、ザ・コンヴィクションズ。普段の彼らのナンバーよりもBPMは抑えめのミディアムテンポの曲だが畳み掛けるようなリズムがとても強力。タイトルからもわかるとおり英語詞によるポリティカル・メッセージ・ソング。」

05. ARTS / NANANA
「鹿児島のスカバンド、アーツ。結成から23年め、2011年の5枚目のアルバム”RHYTHM & BLUE BEAT”以来となる音源だが、メンバーの平均年齢はすでに40代も後半。それを払拭するかのような歳を感じさせないフレッシュ&キャッチーなパワーポップ・ナンバー。」

06. Ram Jam Vendors / Merry-Go-Round
「福岡県田川市のレゲエバンド、ラムジャムヴェンダーズ。マイラのボーカルによる華やかなラバーズ・ロックとDJ Blowのライム&ラップによるダンスホール・レゲエが交互に顔を出す構成で、ツイン・ギターとキーボード、そしてコーラスも効果的でホーンレスなのも感じさせない、ベテラン・バンドの貫禄充分のグッド・メロディなナンバー。」

07. CLUB SANDINISTA! / 251 That’s My Number
「福岡は博多の自称パンクスカバンド、クラブ・サンディニスタ!。ディストーション・ギターの効いた若さ爆発の疾走感溢れるサウンド、英語日本語混在のシンガロング・スタイルのロックンロール・ナンバー。」

08. THE LITTLE BITCH / I wish
「鹿児島県霧島市のライブハウス、FUZZ ROCK HALLのオーナー、ぶーやんがリーダーをつとめるスカパンク・バンド、ザ・リトルビッチ。結成11年だからもはやベテラン、演奏力も手堅い。リズムの性急さと重さだけに耳を奪われがちだが、実はかなりメロディアスな曲。ブリッジや間奏部分のアレンジも凝っている。」

09. DUB creation / ウパシ
「福岡北九州市のレゲエ・ダブユニットのダブ・クリエーション。DUBといえば宇宙空間系エフェクトにスーパー・ロウ、そして”反復の美学”。強靭なリズム隊と東洋系の怪しげな旋律にVoアリアの美しい声によるポエトリー・リーディングが絡まる、まさにトリップ・ダブ・ミュージック。」

10. SKA’SH ONIONS / Re:road
「福岡博多拠点の自称ブラス・ロック・スカバンド、スカッシュオニオンズ。若手だけど結成13年めとその活動歴は長い。ロック色の強いパワフル&スピード感溢れるタイトな演奏に英日語混在のアツいVoで圧倒する。」

11. The Holidays / マイペンライ
「こちらも博多拠点のロックステディ・バンド、ザ・ホリデイズ。ロックステディとはジャマイカでスカからレゲエに移行するちょうど中間に生まれた音楽。今回参加出来なかった福岡を代表するスカバンド、スカ☆ロケッツのメンバー二人が在籍している。バンドの演奏力はもちろん、momocoのボーカルがとてもキュートで魅力的な曲に。」

12. THE SKA-PHONICS / 皮肉な…
「大分県より、オーセンティック・スカバンド、ザ・スキャフォニックス。九州の名物野外スカ・レゲエフェス、ジャマイカ村の創設者ナガサオ氏が11年前に結成したスカバンド。オーソドックスな12小節ブルース・コードによる王道のインスト・チューン。終始ほんわかムードのオーセンティック・スカ・チューンに仕上がっている。」

13. BON DX / 君と月
「鹿児島のアコースティック・スカバンドBON DXはARTSのリーダーBONのソロ・ユニット。一度聴いたら耳から離れないキャッチーなサビと歌詞、間奏のレゲエ・リズムのベース・ソロからスカに戻ってのサックス・ソロの展開もドラマチック。」

14. V.S. HONOUR / Merry Christmas
「福岡博多のスカバンド、V.S.オーナー。典型的なスカ・レゲエではなく一風変わった作風の音楽性。ベース&ボーカルのクックが低音でつぶやくように歌うオリジナルのクリスマス・ソング。スカやレゲエのお約束とも言える、ギターやキーボードがほとんど裏打ちリズムを刻まないのもひねくれていて面白い。」

15. NO KIDDING / Dear FxKx
「熊本のスカパンク・バンド、ノーキディング。リーダー・ボーカルのYAMAは前身バンド、ホールトラップ時代から筋金入りのスカ・パンクス。このコンピのスカ勢では唯一のホーンレスながら、彼らならではのファスト・スカパンクが炸裂。」

16. Vic bongo / グルジア
「福岡県柳川市を拠点に活動するスカバンド、ビックボンゴ。その活動歴は長く、結成20年以上というベテラン。ライブではスカに限定しない雑食系のごった煮的なバンドだが今回のコンピ参加曲は意表をつくレゲエ・インスト。女性ドラマーadoの存在が光るリズムアレンジ。」

17. THE EXPLOSIONS / Promised Land
「最後を飾るのは福岡のダブ・レゲエバンド、エクスプロージョンズ。今回の参加曲はJ-POPフィールドでも勝負出来そうなキャッチーなメロディで歌われる骨太のボーカルがアコギとともにいきなり飛び出し、今までのエクスプロージョンズのイメージからするとかなり驚く。四つ打ちのダンスホール・レゲエも飲みこんだ彼ら流の完璧なポップ・ナンバー。」

ARTS Official Facebook Page
https://www.facebook.com/arts.kagoshima

V.A. / Back Beat Boppers Facebook Page
https://www.facebook.com/BackBeatBoppers


Posted By on 2014/05/21 at 13:55:55